2022.06.01

元日本代表監督ファルカン独占インタビュー。在任時「一番の決断は前園真聖の起用だった」

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon
  • 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

パウロ・ロベルト・ファルカンインタビュー(1)

「ドーハの悲劇」を経て、ブラジルサッカー界の英雄のひとりであるファルカンが日本代表の監督に就任したのは1994年のこと。短期間で終わった挑戦だったが、日本への郷愁は強く、なかなか当時のことを話す気持ちになれなかったという。日本のメディアのインタビューに応じるのは約20年ぶりだそうだ――。

 私が日本代表の監督に就任してから、この3月で28年が経った。しかし、私にとってはまるでつい先日のことのように思える。決して長い滞在ではなかったが、日本での日々はそれほど鮮やかで印象深かった。

 1993年に日本がアメリカW杯出場を逃した直後、私の知人が東京でJFA(日本サッカー協会)の人間と話す機会があった。それから数日後、日本から私に直接電話があり、「日本代表監督の候補に入っているので、その可能性について話し合いを持ちたい」と言われた。

 それを聞いた時の私の最初のリアクションは、正直「驚いた」だった。なぜなら日本人は南米の監督ではなく、ヨーロッパの監督を好むと思っていたからだ。しかし、最初の驚きが過ぎると、それは"嬉しい"という気持ちに変わっていった。

1994年、日本代表監督に就任。フランス戦で指揮を執るファルカン(右) photo by Yamazoe Toshio1994年、日本代表監督に就任。フランス戦で指揮を執るファルカン(右) photo by Yamazoe Toshio この記事に関連する写真を見る  私はジーコから日本のいいところをさんざん聞かされていたので、日本にはとてもいい印象を持っていた。日本人は誠実で秩序を守り、時間を守り、日本では物事がすべてスムーズに動くと言っていた。私はブラジル南部の出身だ。日本の皆さんにとって、ブラジル人はみんな一緒かもしれないが、南部の人間は北部に比べるとずっと真面目で勤勉だ。だから日本のこういった点には非常に好感を持てた。JFAから提示された条件も悪くはなく、「OK、まずは詳しく話を聞いてみよう」と思った。

 しばらくして私に電話をしてきた人物が、話し合いのためにブラジルにやってきた。私はこの時、日本人というものにとても驚いた。彼は日本からサンパウロで飛行機を乗り継ぎ、私の住むポルトアレグレにやってきた。空港に着いたのは午前11時15分。その後、私たちは昼食をはさんで話し合いをし、最後に握手で別れたのが午後の4時。そこから彼はまっすぐに空港に向かい、到着したその日のうちに地球の裏側の日本へと帰っていった。