2021.11.08

「自分のチームからJリーグのクラブに入る選手が出てくればうれしい」三都主アレサンドロの今

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Press Association/AFLO

日本代表「私のベストゲーム」(1)
三都主アレサンドロ編(後編)

前編はこちらから>>

 最も印象的な試合は、人それぞれ。初めてタイトルを獲得した試合。あるいは、最も活躍した試合。選ぶ基準も様々だろう。

 だとしても、それが負けた試合、しかも自分自身は前半しか出場していない試合となると、ちょっと意外な印象を受ける。

 2002年ワールドカップ日韓大会、日本0-1トルコ。

 三都主アレサンドロの胸には、その時の小さなトゲが刺さったままだ。

「もちろん優勝した時とか、すごくうれしいのはうれしいんですけどね。なんで僕は悔しい思いのほうが、こんなに強く残るんだろうな。僕だけなのかな(笑)」

三都主アレサンドロはトルコに敗れた瞬間を、ベンチから厳しい表情で見つめていた三都主アレサンドロはトルコに敗れた瞬間を、ベンチから厳しい表情で見つめていた この記事に関連する写真を見る  しかし、三都主の記憶に強く残る"意外な試合"は、これだけではないという。

「僕は『どの試合が印象的ですか』って聞かれると、代表の試合じゃないですけど、いつも1999年のエスパルスvsジュビロって答えるんですよ」

 1999年12月11日、Jリーグチャンピオンシップ第2戦。

 三都主を擁するセカンドステージ王者の清水エスパルスは、ファーストステージ王者のジュビロ磐田に2-1で勝利したものの、第1戦との2戦合計スコアは2-2の同点。清水はPK戦の末、年間優勝を逃した。