2021.06.23

U-24日本代表メンバーの選考で見る金メダルへの本気度。キーマンは旗手怜央だ

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

 東京五輪本大会に臨むU-24日本代表18人のメンバーが発表された。フィールドプレーヤー16人の顔ぶれを眺めてあらためて思うことは、複数のポジションをこなすことができる多機能型の選手が多くを占めることだ。

東京五輪のメンバー18人に選ばれた旗手怜央東京五輪のメンバー18人に選ばれた旗手怜央 この記事に関連する写真を見る ▽GK
1 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
12 谷晃生(湘南ベルマーレ)
▽DF
5 吉田麻也(サンプドリア)
2 酒井宏樹(浦和レッズ)
4 板倉滉(フローニンゲン)
3 中山雄太(ズヴォレ)
13 旗手怜央(川崎フロンターレ)
14 冨安健洋(ボローニャ)
15 橋岡大樹(シント・トロイデン)
▽MF
6 遠藤航(シュツットガルト)
16 相馬勇紀(名古屋グランパス)
8 三好康児(ロイヤル・アントワープ)
11 三笘薫(川崎フロンターレ)
10 堂安律(PSV)
17 田中碧(川崎フロンターレ)
7 久保建英(レアル・マドリード)
▽FW
9 前田大然(横浜F・マリノス)
18 上田綺世(鹿島アントラーズ)

 日本の男子サッカーは、1968年メキシコ五輪以来28年ぶりに1996年アトランタ五輪への出場を果たして以来、五輪に連続出場を続けている。

 最高位は2012年ロンドン五輪のベスト4。2000年のシドニー五輪は準々決勝に進出。そこでアメリカにPK負けする惜しい結果を残しているが、他の4大会はすべてグループリーグ落ち。グループリーグ突破の確率は33%ということになるが、目標を毎度、メダル獲得に据えて戦ってきた。

 オールドファンの頭には、五輪サッカーと言えば、銅メダルを獲得した1968年メキシコ五輪が焼きついて離れずにいる。日本サッカーが五輪に必要以上に熱を注ごうとする理由でもある。

 2012年ロンドン五輪。日本は準決勝、3位決定戦と、息切れした。通算5試合目以降を戦える準備ができていなかった。森保監督が西野朗監督のもとでコーチとして帯同した2018年ロシアW杯も同様だった。決勝トーナメントを戦う余力が日本には残っていなかった。

 これまでの日本は、五輪やW杯のような短期集中トーナメントに、何試合戦うつもりで臨むのかという目標の設定が曖昧だった。理由をひと言でいえば弱かったからだが、森保監督は今回、開催国の利を最大限に捉えたのだろう。金メダルという目標を打ち立てた。