2021.03.19

日本代表初招集8人を解析。「酒井宏樹越え期待」「堂安律より上」も

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

 磐田から広島に復帰して4シーズン目。川辺も広島ではすっかり欠かせない選手となっている。原川、遠藤航(シュツットガルト)、守田英正(サンタクララ)とは、どんな力関係にあるのか。

 そして昨季、モンテディオ山形からC大阪に移籍するや、大ブレイクを果たした坂元。新顔の中でもとりわけ異彩を放っている。左利きの右ウイング。ドリブルもできれば、パスセンスもある。必殺技は切り返し。これを止められる選手はJリーグにはいない。サイドに構えていながら、ゴールを見通すことができる能力も備えている。右SBなど、周囲と連係するプレーが得意で、坂元を経由すると、2、3プレー先には、シュートが望めそうな展開が待ち受ける。

 ライバルは伊東純也(ゲンク)と堂安律(ビーレフェルト)だが、キャラが被るのは左利きの右ウイング、堂安だ。馬力はともかく、クレバーさ、パス能力という点では坂元が上回る。三笘薫(川崎)、坂元の両翼こそ、いま一番見てみたい組み合わせだ。

 最後に触れるべきは、U-24に該当する選手の中で、今回、唯一A代表に選ばれた冨安健洋(ボローニャ)だろう。森保監督の期待の大きさを見せられた気がする。となれば、イタリア・セリエAの中位ではなく、所属クラブはチャンピオンズリーグ級で、と言いたくなる。

 蛇足になるが、発表された名簿を見て思うことは、海外組が所属するクラブの、ネームバリューの貧弱さだ。少なくとも、「ベスト8を狙う」(森保監督)国としては物足りない。

 日韓戦。勝利も重要だが、韓国のサッカーファンをも驚かせる選手個人の活躍も不可欠になる。敵も羨む好選手がどれだけ現れるか。森保采配ともども注目したい。

関連記事