2021.01.29

家長昭博と本田圭佑。代表キャップ3と98は何を物語っているのか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

連載:「日本代表」という肩書に迫る(4) 
(1)から読む>>

 代表に定着できない理由は、いくらだってある。

 戦術的に適合しない。単純にそのポジションに実績のある選手がいる。選ばれるタイミングで、折悪しくケガをする。あるいは、人間同士のやりとりだけに、代表監督ら首脳陣に「嫌われている」可能性もある。ユース年代で代表に選出されず、きっかけをつかめなかったのかもしれない。

 代表定着は、多分に運も必要となる。しかし、彼が代表でわずか3キャップ、出場は1試合分の時間にも満たないというのはミステリーだ。

これまで日本代表として3試合に出場している家長昭博(川崎フロンターレ)これまで日本代表として3試合に出場している家長昭博(川崎フロンターレ)  家長昭博(34歳、川崎フロンターレ)は、日本サッカー史上、最も期待された選手のひとりと言える。

「天才」

 その称号は小野伸二以来、彼に使われるべきものとなった。

 家長は、その才能を無駄にしていない。2005年のワールドユース(現行のU―20ワールドカップ)では中心選手として活躍し、10代にしてガンバ大阪でも出場機会を増やす。2007年には代表でもデビューを飾った。

「アキ(家長)は別格」

 同年代の選手たちにとって、エース的存在だったのだ。

 同い年でしかも同じ誕生日(86年6月13日)でもある本田圭佑は、ガンバ大阪ジュニアユースで家長と同じチームだった。トップ昇格も確実視されていた家長と違い、本田はユースにすら上がれていない。星稜高校に進み、頭角を現したのだ。

 家長は本田と同じ攻撃的MFだった。左利きの卓抜した技術、並外れたプレービジョン、そして身体的な強さやしなやかさにも恵まれていた。弱点と言える弱点がなかった。

 しかし、本田が日本代表で活躍(98キャップ)するなど時代を駆け抜ける一方、天才・家長は雌伏の時を過ごした。

 2008年には大分トリニータに新天地を求めたが、右膝前十字靭帯損傷で半年以上、戦列を離れることになった。2009年に実戦復帰してコンディションを取り戻し、2010年はセレッソ大阪でようやくその技巧を開花させた。そして2011年2月からスペインのマジョルカでプレーし、悪くないスタートを切った。この間、代表戦にも2試合出場したが、いずれも終了間際の出場。代表はそれが最後だ。