韓国より「強度で劣る」のには理由がある。
森保Jの本質的な問題

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

 Jリーグは、他国のリーグに比べて森保式(5バックになりやすい守備的な)3バックを敷くチームが占める割合が高いが、最大公約数はやはりオーソドックスな4バックだ。世界的には少数派のこのサッカーを、森保監督はなぜ好むのか。さらに言えば、「戦術的に後手を踏んだとは思っていません」と、敗因にすることを避けるのか。

「アグレッシブにいけ」といくら言われても、最終ラインに5人が並ぶサッカーで、それを実践することは無理なのだ。筆者は就任当初から言い続けているが、この問題をクリアにしない限り、森保ジャパンはもたないと見る。





5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る