2019.07.18

世界2位の快挙から20年。
酒井友之は「新・黄金世代」を育てたい

  • 佐藤 俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第13回:酒井友之(3)

 酒井友之は、1999年のFIFAワールドユース(現在のU-20W杯)・ナイジェリア大会で全7試合にフル出場して準優勝を果たし、シドニー五輪でもレギュラーとしてプレーした。順調にキャリアを重ねていった酒井が次に目指したのが、2002年日韓W杯出場だった。

世界2位から20年。現在、酒井はジュニアユースチームの指導にあたっている 2002年、ワールドカップイヤーの1月に約40名程度の選手が招集され、代表合宿が始まった。酒井も招集され、最後のメンバー争いを戦う気持ちになったが、実際に合宿に参加するとチームのレベルの高さに驚いたという。

「多くの選手が招集されていたし、カズさん(三浦知良)やゴンさん(中山雅史)もいて、あーすごいメンバーだなって思いました。実際、本当にみんなうまかった。自分はワールドユースもシドニー五輪も技術の高さで選ばれたわけではないので、今の自分がA代表で勝負するのはちょっとキツいなあって思っていました」

 酒井は、最終的に日韓W杯の23名のメンバーに選出されなかった。

 ナイジェリアワールドユース組からは小野伸二、稲本潤一、中田浩二、小笠原満男らが入り、また同世代では市川大祐と曽ヶ端準が選出された。

「A代表に絡んでいけなかったのは残念でした。でも、入ったメンバーを見ると、すごい選手ばっかりで、ちょっとそこに自分がというイメージは持てなかったですね」

 酒井は、2001年にジェフユナイテッド市原から名古屋グランパスエイトに移籍し、2004年に浦和レッドダイヤモンズに移籍した。ユーティリティープレイヤーとして活躍したが、2007年途中には出場機会を求めてヴィッセル神戸入り。2008年は腰痛の手術のためにリハビリ中心となり、同年に神戸を退団した。

 2009年8月に斎藤俊秀が監督を務める藤枝MYFCに入団し、4カ月限定でプレーする。その後、湘南ベルマーレや愛媛FCに練習参加したが契約に至らず。トライアウトを経てインドネシアのスーパリーグに属するチームに入団した。