2019.01.13

3人先発を入れ替えか。大迫欠場で
武藤嘉紀、北川航也の奮起に期待

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • photo by JFA/AFLO

 一見、最悪な事態だが、実は絶好の機会かもしれない。ひらたく言えば、ピンチはチャンス――。

 1月13日に行なわれるアジアカップ第2戦のオマーン戦。絶対的なエース、大迫勇也(ブレーメン)に欠場の危機が生まれている。

ロシアW杯以来の代表復帰に気合の入る武藤嘉紀 初戦のトルクメニスタン戦で2ゴールを奪ったように、大迫は得点源として、また、2列目の南野拓実(ザルツブルク)や堂安律(フローニンゲン)を生かす存在としても欠かせない大黒柱だが、右臀部の痛みのためにオマーン戦前々日、前日のトレーニングを回避したのだ。森保一監督も前日会見で「明日の試合は難しいと思います」と認めている。

 もっとも、大迫はドイツから帰国し、昨年末の国内合宿に合流した時点ですでに同箇所を痛めており、別メニュー調整を続けていた。そのため、いずれにしても優勝を目指すうえで、途中交代も含めて休ませる必要があった。

 その点で痛恨だったのが、トルクメニスタン戦の終盤だ。「もう少し展開に余裕があれば代えていたと思います」という指揮官の言葉を聞けば、途中交代の考えもあったようだが、3−2と1点差に詰め寄られたため、下げられなかったということだろう。

 どこかで休ませたいが、簡単に決断できないほど、今の大迫の存在は大きい。

 それゆえ、オマーン戦での”強制的な欠場”は、この先の戦いを見据えれば、負傷箇所を回復させるためにも、代わりの選手にチャンスを与えるためにも、絶好の機会と言えるのだ。

「理想は3人くらいずつ代えていくこと。そうすれば、全員のコンディションや試合勘が上がった状態で、ベスト8、ベスト4に入っていける」

 そう語ったのは、今回と同じセントラル開催だった3年前のリオ五輪アジア最終予選でチームを優勝へと導いた手倉森誠監督(現V・ファーレン長崎)である。実際、同大会では3〜5人ほど入れ替えながら、総力戦でアジアの頂点へと駆け上がった。