2018.10.30

タレント揃いのU-19日本代表、世界へ。
黄金世代を超える「期待度」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐藤博之●撮影 photo by Sato Hiroyuki

 試合における内容と結果。どちらも重要なのは間違いないが、内容に頓着せず、結果ばかりにこだわっていれば、いずれ結果もついてこなくなる。その意味において、より重視すべきは内容だ。

 しかし、ときに内容を度外視してでも、絶対に結果を出さなければいけない試合がある。この日、U-19日本代表が臨んだ試合が、まさにそれだった。

 10月28日、インドネシア・ジャカルタで行なわれたアジアU-19選手権準々決勝。勝てば、来年ポーランドで行なわれるU-20ワールドカップの出場権を手にできるが、負ければ、その瞬間に世界への道は断たれる。

 そんな大一番で日本は、多くの困難に直面することとなった。

 まずは対戦相手が、開催国のインドネシアであったこと。スタジアムには、満員札止めの6万人を超える観衆がつめかけ、地元チームを後押しした。A代表のワールドカップ予選ならともかく、ユースレベルの大会では見たことのない光景である。

 ふたつ目は、ボールが大きくイレギュラーする劣悪なピッチ状態。そして最後に、ハーフタイムに降り始めた雨。それも雷鳴をともなった豪雨である。

 この大会が現行方式(16カ国が出場し、上位4カ国が世界大会に出場できる)になって9回目。日本は、そのすべてで世界行きをかけた準々決勝を戦ってきたが、ここまで悪条件がそろった例は過去にない。プロのサッカー選手としては、決して経験豊富とは言えない19歳以下の選手たちにとっては、相当過酷な環境だったに違いない。

 だがしかし、そんな環境下でも、日本の選手たちは落ち着いていた。華麗なパスワークや鋭いドリブルで相手ディフェンスを崩したわけではなかったが、よく走り、よく戦った。MF安部裕葵(鹿島アントラーズ)が語る。