2018.10.25

スペインの目利きが挙げる
「森保ジャパンでとてもいいプレー」の5人

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Fujita Masato

ミケル・エチャリのウルグアイ戦レポートを読む>>

「BUENISIMA JUGADA」(とてもいいプレー)

 日本対ウルグアイ戦で、スペインの指導者、ミケル・エチャリ(72歳)がピックアップした特筆すべきプレーは、ゴールシーンではなかった。

「後半68分。中盤で遠藤(航)が相手ボールを取り返してからサイドへ運び、そのタメを使って酒井(宏樹)が右サイドを駆け上がる。スルーパスを受けた酒井は、これを力強いドリブルで持ち出し、ディフェンスより前に出ると、大迫(勇也)に決定的クロスを送っている。大迫は絶妙のタイミングでインパクト。シュートはバーを越えたが、それぞれがスペースとタイミングをつくり出し、すばらしいコンビネーションスキルだった」

“スペインの目利き”エチャリはそう語っている。では、パナマ戦、ウルグアイ戦を通じて、日本代表の選手たちのパフォーマンスは、その目にどのように映ったのだろうか。

「遠藤、中島(翔哉)、堂安(律)、南野(拓実)、そして大迫のプレーが光った」

 エチャリは5人の名前を挙げた。

遠藤航

ウルグアイ戦では中盤で攻撃の起点になっていた遠藤航「ウルグアイ戦は中盤でいいポジションを取って、相手の攻撃を未然に防ぎながら、攻撃の起点になっていた。球出しの質もよかった。この試合、日本には2つのビッグプレーがあったが、そのどちらにも関与している。

 ひとつは冒頭に挙げたシーン。もうひとつは、前半に大迫へ入れた縦パスである。大迫はポストプレーから左サイドの中島に渡し、中島はタメを作って、長友(佑都)を走らせてパス。長友のクロスを大迫がヘディングで合わせている。GRAN JUGADA(すばらしいプレー)だった。