2018.06.17

エースの座からサブへ。傷心の
中村俊輔を救った川口能活の存在

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • photo by YUTAKA/AFLO SPORT

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第6回
W杯で輝けなかった「エース」の本音~中村俊輔(3)

(1)から読む>> (2)から読む>>

 2010年南アフリカW杯を目前にしての壮行試合、日本vs韓国が5月24日に埼玉スタジアムで行なわれた。

 スタメン出場した”エース”中村俊輔は、足首を痛めていて満足のいくプレーができず、後半18分に交代した。試合も0-2と完敗。スタンドからは激しいブーイングが飛んだ。

「春先に足首を痛めて、W杯に向けて負荷を上げていったんだけど、何だったんだろうね……。体のバランスが崩れて、フィジカルが落ちていったのかなぁ……。Jリーグでは何とかできていたけど、(相手が)韓国ぐらいになるとごまかしがきかない。それが、モロに出てしまった」

 それでも、中村はW杯本番に向けて気持ちを切り替えようとした。

 その夜、宿舎でミーティングが行なわれた。

 韓国相手にいいところなく敗れて、選手の間にも、これから戦いにいく世界の舞台に対する危機感が強まっていた。指揮官である岡田武史監督は、その空気を感じ取っていたのだろう。選手の前で、こう切り出した。

「俺は決断した。W杯仕様のサッカーに切り替える」

 中村はそう言われた瞬間、「俺は、もうないな」と思ったという。

 実は試合後、中村は厳しい表情の岡田監督にこう聞かれていた。

「足首、痛かったのか?」

「はい、少し」

 中村がそう答えると、岡田監督はそのままひと言も発せず、その場を去った。

 中村は失意のままスイス合宿に飛んだ。