2018.05.25

本田>岡崎>浅野=武藤…。
西野ジャパンの「ポリバレント度」を判定

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Takashi Aoyama/Getty Image

 梅雨を思わせるしつこい雨がやむことなく降り続いていた西野ジャパン合宿3日目。ピッチに姿を現したのは、招集メンバー27人のうち15人だった。しかも、故障を抱える乾貴士と岡崎慎司は別メニュー。この日合流した3人(井手口陽介、遠藤航、槙野智章)も、身体慣らしに終始した。

 全体練習に参加したのは吉田麻也、酒井高徳のDF2人と、香川真司、本田圭佑、宇佐美貴史、原口元気、浅野拓磨、武藤嘉紀、大迫勇也のアタッカー陣7人。乾、岡崎が調整中とはいえ、これでアタッカー陣はすべて合宿入りしたことになる。

合宿で西野朗監督から説明を受ける日本代表の選手たち そこは競争が最も熾烈なポジションだ。W杯の23人の枠から外れるのは、全9人中、少なくとも2人。こうした前提にもとづき、この日のメイン練習であるセンタリング&シュートに目を凝らした。アタッカー7人を右、真ん中、左に分け、真ん中の選手がクロスに飛び込むごく一般的な練習である。

 7人の適性は一般的にはこう考えられる。

 右=本田、(浅野)、真ん中=大迫、武藤、浅野、左=宇佐美、原口、香川。

 香川の適性は4-2-3-1の1トップ下がベストと思われるが、3FWとなれば左。別メニューの乾は左。岡崎は真ん中だ。

 前にも述べたが、右候補である本田の優位は明らかだろう。一方、左は激戦だ。中島翔哉が落選した理由でもある。

 西野監督はメンバー選考に際し、ポリバレントという言葉を多用した。複数のポジションをこなすことができる多機能な選手の優位性について、その点だけは珍しくハッキリと言い切った。