2018.04.12

バテた韓国に勝てず。なでしこよ、
今変わらないで、いつ変わるんだ!

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 勝てた試合だった。いや、勝たなければいけない試合だった。だが結果は、成長が見えた守備と、いまだ課題が解決されないままの攻撃力という構図のスコアレスドローだった。

 女子ワールドカップ出場権がかかった女子アジアカップ第2戦は、集中的な強化合宿を経て日本戦に的を絞ってきた韓国との対戦。立ち上がりから韓国が猛攻に出るのは想定内のことで、それに耐えうる守備力が日本に備わっているのかが問題だった。

後半、コーナーキックからのチャンスを外し、頭を抱える菅澤優衣香 熊谷紗希(オリンピック・リヨン)と市瀬菜々(ベガルタ仙台)の両センターバックが最後に体を張り、ピンチを防ぐ場面もあったが、そこに至るまでには前線からプレス、中盤でのカバーリングが功を奏していた。決して余裕のある対応ではなかったが、裏を取らせることなく凌いでいた。

 しかし、日本が攻撃に転じた際に手数が足りない。個の対応で破れるような韓国守備陣ではない。日本はどうしても最後のパスが通らず、シュートを打てないまま時間が過ぎていった。韓国のプレッシャーにビビったというより、先に点を失うことだけは何としても避けたいという想いが強く、なかなか前線に踏み出すことができないようにも見えた。

 ただ、0-0で折り返すプランを持っていた選手たちにとって、これは折り込み済みのことだった。

 攻撃の起点となるチ・ソヨンとマッチアップしたのは隅田凛(日テレ・ベレーザ)だ。ここ半年で急成長を見せるボランチだが、もちろんアジアタイトルのかかる大舞台は初めての経験となる。

 前半はその苦悩が見て取れた。韓国の大黒柱であるチ・ソヨンを止めたい気持ちが先走る。飛び込みすぎて常に逆を取られ続けた。周りがサポートに入り、チ・ソヨンに人数をかけると、当然のながら、その先に潜んでいる韓国選手の足かせが外れる。劣勢から抜け出せない原因のひとつがチ・ソヨンへの対応だった。