2017.12.19

ハリルよ、わかるか?「戦術は
自らの優位を生かすためにある」の意味

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 E-1選手権。日本は最終戦で韓国に1-4と惨敗し、優勝を逃している。

韓国戦に負けた後は韓国の強さを力説していたハリルホジッチ「初めて集まって、初めてプレーした選手ばかりで……」と、ヴァイッド・ハリルホジッチが大会を通じて語っていたように、急造チームが息の合ったプレーをする難しさはある。しかし、参加国はどこもそれぞれハンデを背負っており、言い訳にはならない。北朝鮮は調整試合をしたが、相手はフィリピン、マレーシア。中国はリーグ終了後1カ月半も経過している。そして日本はホーム開催だった。

 戦術的にはとにかく蹴り込むだけ。頑迷で一本調子な戦い方でボールを失った。例えば開幕の北朝鮮戦は象徴的だろう。

「ハーフタイムに『真ん中のビルドアップで引っかけられると、カウンターのチャンスを与える。それよりはとにかく裏を狙え』と言った」

 ハリルホジッチはそう指示を与えているが、日本はむしろ後半になってペースを握られていた。実力差のある相手に、怯えたようにボールを蹴り込む必要があったのか。中村航輔のファインセーブと井手口陽介の一発で勝っただけの試合で、指揮官の采配の妙は見えなかった。