2017.12.18

困ったときに呼ばれる今野泰幸。
ロシアW杯に34歳の居場所はあるか

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 終わってみれば、もどかしさだけが残る大会だった。東アジア王者を目指したEAFF E-1サッカー選手権。日本代表は宿敵・韓国代表に1−4と完敗を喫し、ホームで行なわれた大会で優勝を逃している。

今大会で3試合フル出場した34歳の今野泰幸 この大会で勝つことの意義はさておき、半年後に迫るワールドカップに向けた新戦力発掘という視点で見ても、大きな成果を得られたとは言いがたい。なかには目についた選手もいたが、欧州組を含めた「真のA代表」の牙城を崩せる選手がいたかと問われれば、力強く首を縦に振ることはできないだろう。

 北朝鮮戦でビッグセーブを連発し、勝利に貢献したGK中村航輔(柏レイソル)は、韓国戦での4失点で評価を下げてしまった。とりわけ直接フリーキックを2本決められたのは、心証を悪くしたに違いない。

 中国相手に躍動したFW小林悠(川崎フロンターレ)は、韓国戦でもPKで先制ゴールを奪取。しかし、その後はほとんどチャンスに絡めず、ストライカーとしての役割を果たせなかった。大会を通じて右サイド、トップ下、1トップ、左サイドと、攻撃的なポジションをすべてこなした汎用性の高さは評価に値するものの、ロシア行きの切符を手にするには、さらなるアピールが求められる。