スペインの目利きが見た、欧州遠征
「日本代表16選手のプレー評価」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

FW
原口元気(ブラジル戦は後半25分まで、ベルギー戦は後半33分まで出場)原口元気(ブラジル戦は後半25分まで、ベルギー戦は後半33分まで出場)原口元気
ブラジル戦、ベルギー戦、ともに効果的な攻撃はできていなかった。しかし、守備では監督の求める仕事を忠実に遂行した。戦術理解度が非常に高く、相変わらず欠かせない選手のひとりだ。

久保裕也(ブラジル戦は前半のみ、ベルギー戦は後半23分から出場)久保裕也(ブラジル戦は前半のみ、ベルギー戦は後半23分から出場)久保裕也
ブラジル戦は敵ゴール前を横切るドリブルをかっさらわれ、失点の契機を作った。交代出場したベルギー戦も、ナセル・シャドリへの最初のマークが甘く、簡単に侵入され、失点を喫することになった。落第点をつけるつもりはないが......。

乾貴士(ブラジル戦は後半25分から、ベルギー戦は後半33分から出場)乾貴士(ブラジル戦は後半25分から、ベルギー戦は後半33分から出場)乾貴士
ブラジル戦、ベルギー戦と、交代出場することで得点の可能性を広げた。ベルギー戦の終盤に打ったシュートは強度も高く、この日、日本の中では最もゴールに近かった。本大会に向け、貴重なカードになるだろう。

5 / 6

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る