2017.08.29

残る2戦に不吉なデータ。日本は
豪とドローでも地獄のプレーオフ濃厚

  • 宝田雅樹/National Football Teams-Results●文&データ
  • text&data by Takarada Masaki/National Football Teams-Results

 W杯アジア最終予選は残り2節と、いよいよ大詰めを迎えている。現在、日本はグループBの首位に立っているが、その残り2戦が"難関"だ。

【W杯アジア最終予選 グループB順位表】(8月28日現在)
           勝ち点 勝ち 分け 負け 得点 失点
1位 日本       17  5  2  1  15  6
2位 サウジアラビア  16  5  1  2  15  8
3位 オーストラリア  16  4  4  0  14  8
4位 UAE      10  3  1   4  8  11
5位 イラク      5  1  2  5  8  11
6位 タイ       2  0  2  6  4  20

 まずは8月31日にホームでオーストラリアと、続いて9月5日の最終節ではアウェーでサウジアラビアと対戦する。どちらの試合でも、日本が勝てばそこでW杯出場が決定するが、いずれも簡単に勝てる相手ではないことは誰もが承知の通りだ。

難敵オーストラリア相手に日本は勝てるか。photo by Getty Images とはいえ、オーストラリア戦に向けては心強いデータがある。それは、ここ最近に限って言えば、オーストラリアに対して非常に"相性がいい"ということ。通算の対戦成績では8勝9分け7敗とほぼ互角だが、直近の6試合は日本が3勝3分けと無敗なのだ。

【ここ最近の、日本vsオーストラリアの対戦成績】
2011年=日本1○0オーストラリア(アジア杯/カタール)
2012年=日本1△1オーストラリア(W杯予選/オーストラリア)
2013年=日本1△1オーストラリア(W杯予選/日本)
2013年=日本3○2オーストラリア(東アジア杯/韓国)
2014年=日本2○1オーストラリア(親善試合/日本)
2016年=日本1△1オーストラリア(W杯予選/オーストラリア)