2017.08.30

オーストラリア記者が分析。
「今の日本代表はうまくいってないようだ」

  • 栗原正夫●文 text by Kurihara Masao photo by Reuters/AFLO

 大詰めを迎えたW杯アジア最終予選。日本代表は8月31日、ホームの埼玉スタジアムにオーストラリアを迎える。この一戦に勝てば6大会連続での本大会出場が決まる一方、引き分け以下に終われば、出場権の行方は9月5日、アウェーでのサウジアラビアとの最終戦まで持ち越される。

 もちろん日本としては、最終戦を待たずにオーストラリア戦で決めたいところだが、逆にオーストラリアは日本戦をどう見ているのか。アデレード在住で、オーストラリアを中心にアジアのサッカーを幅広く取材、サッカーサイト『SBS the World Game』や『Four Four Two シンガポール』に寄稿するほか、『アルジャジーラ』のリポーターも務めるポール・ウィリアム氏に、日本戦について聞いた。

 ウィリアム氏はまず、現在の日本代表についてこう語る。

オーストラリア代表の中盤のカギを握るひとり、アーロン・ムーイ「いまの日本はこれまでオーストラリアが対戦してきた日本とは違う。2014年のブラジルW杯以降はどこかうまくいっていないように感じるし、オーストラリアはかつての日本に感じていたような恐怖心を持っていない。もちろん、アジアの強豪としてリスペクトはしている。でも、本当の意味での恐れはなくなっている。だからオーストラリアの多くの人々は、埼玉スタジアムでも勝利できると自信を持っている。4年前の予選のときとは、明らかに雰囲気は変わりつつある」