注目はサウジ戦「本田圭佑の処遇」。
大迫勇也だけで悪い流れは断てない

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 大迫への評価ともども、遅すぎる反応と言える。それでもサウジ戦でなおも本田を起用したとなれば、大迫が発揮しそうなプラスアルファの力を相殺する恐れは高い。結果にかかわらず、流れは好転しない。そう見るべきだろう。

 清武弘嗣もセビージャでここのところ出場が滞っている選手だ。そうした状況下でこの日2アシスト、(PKながら)1ゴールをマークしたが、僕の目には最低限の活躍にしか見えなかった。「信頼していい選手だということが分かった」と、ハリルホジッチは試合後、まずまずの評価を下した。だが、彼は別の問いかけに対して試合をコントロールできなかったことについて不満を漏らしている。

 相手のオマーンは、5バックの態勢で引いて構えてきた。前に人数が少ないために、日本は緩いプレス環境の中でプレーすることができていた。にもかかわらず、ゲームをコントロールできなかった。4得点こそ奪ったが、上手に試合を運ぶことができなかった。守備的MFで出場した山口蛍、永木亮太の力量とも関係する問題だが、清武の流れに応じた展開能力の乏しさにも原因の一端があると見る。瞬間的には輝くが、トータル的にはいまひとつ。セビージャで清武から先発の座を奪ったナスリとの差を見た気もする。

 清武とポジションを争う香川真司にも似た傾向がある。遠藤保仁の後を継ぐ、視野の広い展開力に優れたMFが見当たらないことも、パスがうまく回らなくなってしまった大きな理由だ。

4 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る