2016.03.11

【検証】消えたリオ五輪。なでしこに何が起きていたのか?

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 なでしこジャパンがリオデジャネイロオリンピック(五輪)の出場権を逃した。ドイツワールドカップ(W杯)優勝、ロンドン五輪、カナダW杯ともに準優勝となったチームの予選敗退は、日本はもちろん世界の女子サッカー界に衝撃を与えた。

リオ五輪を逃したことを、意味のあるものにするために、これからの取り組みが問われる 結果には必ず理由がある。これまでチーム状態が悪くとも、結果が出ていたことで問題点は見てみぬふりをされてきた。残した成績にカモフラージュされていたが、常に抱いていた懸念材料が、大事な五輪最終予選という舞台で露呈してしまったということだ。大きすぎる代償だったが、出場権を逃した今だからこそ、そこから目を背けては、この敗退の意味すら失われてしまうのではないだろうか。

 最たる要因は佐々木則夫監督の”過信”と選手に生じた”不信”にあるような気がしてならない。佐々木監督はコーチ時代から含めると、2006年からなでしこジャパンに関わっている。当初はU-15女子代表監督を兼任し、なでしこジャパン、U-19女子代表、とあらゆる世代を指揮してきた。

 選手の見極めに最大の時間を割き、一気にチームを作り上げる。大会入りしてから最終仕上げができるのが彼の手腕のひとつでもあった。実際、岩渕真奈(バイエルン)、熊谷紗希(オリンピック・リヨン)らの世代はそうして佐々木監督に鍛えられてきた。