2016.01.31

サッカー五輪世代のアジア王者に。日本が優勝できた最大の要因は何か

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki photo by Getty Images

韓国に逆転勝利。リオ五輪最終予選で優勝した日本代表photo by Getty Images 手倉森誠監督は内心、「しまった」と頭を抱えていたに違いない。

 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選(兼アジアU-23選手権)の決勝。前半を終え、日本が0-1と韓国にリードを許す展開に、指揮官の動きは早かった。

 後半開始からFWオナイウ阿道に代え、MF原川力を投入。この選手交代に合わせて、フォーメーションも4-4-2から4-3-3へと変更した。

 だが、これが完全に裏目に出た。手倉森監督は言う。

「3ボランチにして(相手の攻撃を)しのぎたくなった。だが、(結果的に)選手たちの慎重さに力を貸してしまった」

 韓国は先制して試合を進めることが多い一方で、後半の失点が多いことも分かっていた。だからこそ、最少失点でしのいでいれば、いずれ韓国の動きが落ち、勝機が生まれることは予想できた。

 ところが、日本は布陣変更のスキを突かれる形で、後半開始直後に追加点を許してしまう。DF岩波拓也が振り返る。

「フォーメーションをいじって、そのスキというか、空いたスペースを(韓国に)使われて、(日本の)選手が遅れて出て行くなかで、最後はゴール前で2対1(韓国の数的優位の状況)を作られた」