2016.01.09

サッカー五輪代表・久保裕也「最終予選で3年前の借りを必ず返す」

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

リオ五輪を目指す日の丸戦士(6)

日の丸戦士(1)、日の丸戦士(2)、日の丸戦士(3)、日の丸戦士(4)、日の丸戦士(5)>>>

 五輪代表のFW久保裕也には、忘れられない記憶がある。

 2012年11月、久保はU-19日本代表のエースとして、U-20W杯アジア最終予選となるAFC U-19選手権(UAE)に出場。しかし、出場全4試合を無得点に終わり、チームも準々決勝(1-2イラク)で敗退し、世界大会の出場権(上位4カ国)を逃した。

「あの悔しさは、今も忘れていないです。U-20W杯には行けると思っていたし、自分が(チームを世界へ)連れていく覚悟でいたけど、結果として何もできなかった。アジアは甘くないと思い知らされた。だからこそ、今回のリオ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権。1月12日~30日/カタール)では、アジアのどこの国にも絶対に負けたくないんです」

 久保にとってこの敗戦は、自分自身を見つめ直す、いいきっかけになった。

久保裕也が目標とするリオ五輪出場へ向けて、いよいよ最終予選に挑む 久保は、京都サンガF.C.ユースに所属し、高校2年生(2010年)の段階で早くもトップ登録された。その後、一旦ユースに戻ったものの、高校3年生になって再びトップ登録されると、2011年のJ2リーグ開幕2戦目(第8節/4月24日vsファジアーノ岡山)で初スタメン初ゴールをマーク。17歳ながら、シーズン30試合に出場し、トータル10得点を記録した。
※東日本大震災の影響で序盤戦の日程は大幅に変更。

 その翌年には日本代表にも招集され、一躍脚光を浴びた。若くして、プロサッカー選手としての”エリート街道”をまい進し、アジアでもやれる自信があった。だが、実際には何もできなかった。久保は、まさしく井の中の蛙だったのだ。