2016.01.06

インフル離脱で痛感する「不動のキャプテン」遠藤航の重要性

  • 飯尾篤史●文 text by Iio Atsushi  photo by AFLO

リオ五輪を目指す日の丸戦士(5)

「ポジションが約束された選手はいない」と常々語り、最終予選に臨むメンバーについても年末まで2席を残し、最後まで競争をあおっていた。そんな手倉森誠監督にとっても、キャプテンを任せる遠藤航だけは特別な存在だ。

日の丸戦士(1)、日の丸戦士(2)、日の丸戦士(3)、日の丸戦士(4)>>>

遠藤航は手倉森ジャパンに欠かせない絶対的な存在だ 猛暑のマレーシアで行なわれた昨年3月のリオ五輪アジア1次予選。「メンバーをやり繰りしなければならない」と語りながら、遠藤だけは3試合連続スタメンで起用した。

 2-0で完勝した7月のU-22コスタリカ戦のあとには、「ボールを奪ったあと、攻撃に転じるスイッチを入れてくれた。これまでは守備のオーガナイザーだったが、今回はまたひとつ高い意識でチームに絡んでくれた」と賞賛し、Jリーグ・U-22選抜として臨み、0−1で敗れた9月のJ3第30節・町田ゼルビア戦のあとにも、「こういう結果を見ると、彼の存在が改めて際立ってくる」と、遠藤が不在だったことを嘆いた。

 最終予選に向けたメンバー発表会見でも、信頼を改めて口にしている。

「この年代の年長者として、もっともJリーグでの実績があり、アンダーカテゴリーからのキャプテンシーは今につながっていると思います。チームをまとめてくれる、自然体で引っ張ってくれるのが彼のキャプテンシー。いろいろな情報を提供してくれるし、そこで力まないのが彼の良いところで、見習わなければならないと思います」