2015.07.08

DFの要、熊谷紗希が涙の後に語った「なでしこジャパンの課題」

  • 了戒美子●取材・文 text by Ryokai Yoshiko 早草紀子●撮影 photo by Hayakusa Noriko

 女子W杯カナダ大会の表彰式が終わり、ベンチに戻るなでしこジャパンの選手達は、優勝したアメリカの歓喜を眺めながら円陣を組んだ。ほどなくして輪が解けた時、熊谷紗希はユニフォームで目元を拭っていた。

「最後、(円陣を組んで)締めたというのもあるし、このメンバーでやれるのは最後なんだなと思ったら......」

 世界で2位になった充実感よりも、2-5という大敗の悔しさ。自身2度目のW杯、望んだ結果は得られなかった。

なでしこのDFラインに欠かせない存在となった熊谷 今回のW杯に向けて、熊谷には焦りのようなものがあった。海外でプレーする選手は代表の活動に参加できないことが多く、それはフランスリーグのトップクラブであるリヨンに所属する熊谷も同じだった。

 前年のアジアカップでさえ参加は制限され、結局、熊谷は招集されていない。W杯の前哨戦とも言われ、先発の固定に入る3月のアルガルベ杯ではメンバー入りして出場したが、日本は9位に終わった。当時、熊谷はこんな話をしていた。

「(難しいとは思っていたけれど)こんなに難しいのか、というのはありました。とにかく、デンマーク相手でも勝てなくて(1-2)、初戦でだいぶこたえた」

 とはいえ、今の実力を把握できたことでよしとするほかなかった。