2015.07.09

豊田陽平「ハリルさんほどの細かい指摘は初体験」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki YUTAKA/アフロスポーツ●写真

豊田陽平が語るJリーグ第1ステージとハリルジャパン(後編)

前編を読む>>

「細かくて熱い人」

 それが豊田陽平(30歳、サガン鳥栖)のヴァヒド・ハリルホジッチ監督に対する印象だ。

 今年5月に行なわれた代表合宿に、豊田は招集されている。Jリーグの日程を縫う中での招集で、慌ただしく、予定されていた練習メニューもすべてこなせたわけではない。あっという間に過ぎていったが、アルベルト・ザッケローニ、ハビエル・アギーレに続いて、彼は3人目の代表監督の指導を経験した。

代表合宿でのハリルホジッチ監督と豊田陽平(中央)「アギーレさんはとにかく熱い人。大会のメンバーに選んでくれたので、一番自分のプレイを理解してくれた気もするし、感謝もしています。ザックさんは理論的で緻密で、どこか一歩退いた冷静さを感じました。ハリルさんは細かな指摘がとても多い方。あそこまでの細かさは経験したことがありません。ポストからのシュートを一つとっても、少しでもパスをバウンドさせると、『やり直し』。FW出身の監督なので、そこは自分を重ねて厳しくしているのかもしれません」

 国内組での合宿は、単純な代表強化というよりも、今後の代表の方向性を広く伝える作用を狙っていたのかもしれない。体脂肪率なども含め、指揮官が志向するサッカースタイルに必要な要素が伝えられた。代表候補選手を経由し、各クラブの選手にも情報が入ることを想定しているのだろう。