2015.07.10

【なでしこW杯】宮間あやの言葉で振り返る、準優勝への歩み

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 カナダワールドカップで準優勝となったなでしこジャパン。2大会連続のファイナル進出は簡単なことではない。大会前に始まった国内最終合宿から1カ月半でチームは大きく成長した。その道のりは決して平坦なものでも、希望あふれるチャレンジでもなかった。これまでにないチーム作り、選手の葛藤――紆余曲折のあった1カ月半、その中心で悩みながらも"チーム"で戦う姿勢を貫き通したキャプテン宮間あや(湯郷ベル)のコメントを中心に振り返り、チームの歩んだ道のりを紐解いてみる。

決勝のアメリカ戦。苦しいときも選手たちに声をかけ続けた宮間あや(背番号8) カナダに入ってからも、チーム内でのレギュラー争いは続いていた。特に定まらなかったのはボランチ。澤穂希(INAC神戸)の復帰、3月のアルガルベカップで高いパフォーマンスを見せた宇津木瑠美(モンペリエHSC)、安定感のある阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)、さらには昨年佐々木監督に見出され、CBの才能を花開かせた川村優理(ベガルタ仙L)も名乗りを上げ、熾烈を極めていた。

 さらにサイドバックにも厳しい争いが生まれていた。右では近賀ゆかり(INAC神戸)と有吉佐織(日テレ・ベレーザ)、左では鮫島彩(INAC神戸)、宇津木、上尾野辺めぐみ(アルビレックス新潟)らが目まぐるしく試されていた。加えるなら右サイドハーフも大野忍川澄奈穂美(ともにINAC神戸)らタレントが豊富で確定はしていない状況。戸惑う選手たちの中で、宮間は意外と冷静にこの状況と向き合っていた。

「今はやるべきことを固めていく感じ。(いろんな選手に声をかけるのは)誰がピッチに立ってもいいようにしたいと思っているから」