2015.03.12

アルガルベ杯。苦しんだからこそ生まれた「なでしこの新戦術」

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 6月のFIFA女子ワールドカップの前哨戦であるアルガルベカップの日本の最終戦は、アイスランド(FIFAランク20位)との9-10位決定戦。佐々木則夫監督はフランス戦から有吉佐織(日テレ・ベレーザ)以外の10名を代え、選考色の強いスタメンを起用した。

今大会苦しい中でも素晴らしい動きを見せた宇津木瑠美 日本は開始早々ペースを手にする。被災地へのメッセージが書いてあるキャプテンマークを巻いた岩清水梓(日テレ・ベレーザ)が8分、コーナーキックのチャンスから、ファーサイドで合わせた。続く24分には、ビルドアップした有吉が強烈なシュート放ち、40分には安藤梢(1.FFCフランクフルト)からのパスをつないで、上尾野辺めぐみ(アルビレックス新潟レディース)の放ったシュートが左ポストを直撃。こぼれたところを有吉が再びシュートに持ち込むがDFがクリア。そのボールを今度は永里亜紗乃(1.FFCトゥルビーネ・ポツダム)が狙うも左に逸れた。集中した守備を見せたアイスランドゴールに肉薄するも、前半はゴールを割ることができなかった。

 しかし、後半頭に佐々木監督は初の布陣を試みる。大儀見優季(VfLヴォルフスブルク)、宮間あや(湯郷ベル)、宇津木瑠美(モンペリエHSC)の3枚のカードを一気に切ったのである。驚くべきは宮間のポジションが2トップの一角ということだ。