2015.03.20

日本代表メンバー発表。いつもの名前に隠された新監督の意図

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki 松岡健三郎●撮影 photo by Matsuoka Kenzaburou

 ハリルホジッチ体制になり初めての日本代表メンバーが発表された。メンバーは以下の通り(バックアップのメンバーを除く)。

【GK】川島永嗣(リエージュ)、東口順昭(ガンバ大阪)、西川周作(浦和レッズ)、権田修一(FC東京)
【DF】酒井宏樹(ハノーファー)、酒井高徳(シュツットガルト)、内田篤人(シャルケ)、吉田麻也(サウサンプトン)、水本裕貴(サンフレッチェ広島)、昌子源(鹿島アントラーズ)、森重真人(FC東京)、槙野智章(浦和レッズ)、太田宏介(FC東京)、長友佑都(インテル)、藤春廣輝(ガンバ大阪)
【MF】長谷部誠(フランクフルト)、柴崎岳(鹿島アントラーズ)、今野泰幸(ガンバ大阪)、青山敏弘(サンフレッチェ広島)、山口蛍(セレッソ大阪)、香川真司(ドルトムント)、清武弘嗣(ハノーファー)
【FW】本田圭佑(ミラン)、永井謙佑(名古屋グランパス)、小林悠(川崎フロンターレ)、岡崎慎司(マインツ)、大迫勇也(ケルン)、興梠慎三(浦和レッズ)、乾貴士(フランクフルト)、武藤嘉紀(FC東京)、宇佐美貴史(ガンバ大阪)

メンバーを発表するハリルホジッチ日本代表監督 遠藤保仁の落選も、永井、宇佐美らの招集も想定内。チュニジア戦、ウズベキスタン戦のメンバー発表に、あまり驚くべき要素は見あたらなかった。アギーレが引き続き監督を務めていたとしても、この程度の変更は行なわれていたと思う。

 ハリルホジッチは就任会見で「来日前、2週間ほど日本代表の試合を映像で見まくった」と述べたが、Jリーグの観戦までは難しかったはず。だとすれば、このメンバーは半分、技術委員会側で用意したものになる。ハリルホジッチはその席上で「3月の試合は、従来メンバーが中心になる」と述べたが、それは、自分の目で選ぶだけの時間が足りていないからだと解釈できる。