2014.07.14

屈辱のW杯。吉田麻也が痛感した「日本の弱点」

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • photo by JMPA

 ブラジルW杯グループリーグ第3戦のコロンビア戦、1-4で敗れた直後、吉田麻也の視線は宙をさまよい、放心状態に陥っていた――。

W杯で世界との差を改めて感じた吉田麻也。 2011年1月のアジアカップでレギュラーを獲得し、以来、日本代表不動のセンターバックとして君臨してきた。2012年ロンドン五輪では、オーバーエイジ枠でメンバー入りし、キャプテンとしてチームを牽引。日本の44年ぶりのベスト4進出に貢献した。

 その後、オランダのVVVフェンロからイングランド・プレミアリーグのサウサンプトンに移籍。世界有数のリーグでもまれ、ブラジルW杯にはそれなりの手応えをつかんで挑んだはずだった。だが、グループリーグ3試合で6失点。3戦目のコロンビア戦では、後半だけで3失点を喫した。しかも最後の失点は、吉田が相手エースのハメス・ロドリゲスのキックフェイントに簡単に引っ掛かり、ピッチに転ばされて決められるという、ディフェンダーにとっては屈辱的なものだった。そして、吉田にとって初めてのW杯は、1分け2敗という無念の結果に終わったのである。

「腹立たしいというのを通り越して、虚(むな)しい......」

 吉田は、力が抜けた表情でそう言った。