2014.06.15

チーム作りの失敗が露わに。コートジボワール戦全選手採点

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by JMPA

「いつもできていたことができていなかった」と述べていたザッケローニは、記者会見も後半にさしかかると、次のような言葉でまとめようとした。

「相手が良かったんですよ」

 だが、相手のコートジボワールは本当に良かっただろうか。僕はそうは思わない。ある時まで、失敗してくれていた。番狂わせを起こすチャンスは十分にあった。だがそこを突けなかった。日本には突く力がなかった。「いつもできていたことができていなかった」とザッケローニは言うが、その「いつも」とは、いつの話なのか。少なくともコートジボワール級の強者と、ザックジャパンは何度対戦したというのか。最後の成功体験はオランダに引き分け、ベルギーに勝利した昨年11月の欧州遠征まで遡(さかのぼ)らなければならない。その他を挙げるとすれば、1年前のイタリア戦(コンフェデ杯)ぐらいか。

コートジボワールに2-1で敗れた日本。試合終了直後の本田圭佑 何と言っても恐れ入るのは、ラスト7ヵ月における親善試合の少なさだ。ニュージーランド、キプロス。そしてブラジルに向かう途中、アメリカで行なったスパーリングマッチ2試合(コスタリカ戦、ザンビア戦)を含めてもたったの4試合。内容はいずれの試合も悪かった。弱い相手と戦っても。

「いつもはできていた」とは、いつを指すのか。もし7ヵ月前を指すなら、その間にチームの状態はすっかり変わってしまった。メンバーを固定して戦ってきた弊害を、ラスト半年で露呈させる結果となった。