2012.11.29

【日本代表】ザッケローニ監督は
選手の能力を本当に把握しているのか

  • photo by Yamazoe Toshio

ザッケローニ監督(写真右)は、本田圭佑(写真左)に絶大な信頼を置いているようだが......。日本代表の不安要素(2)

サッカージャーナリストの渡辺達也氏、杉山茂樹氏、浅田真樹氏が、好調ザックジャパンの問題点を探る識者座談会。最終予選で圧倒的な強さを見せているものの、W杯本番での飛躍を願ってチームを検証してみると、思わぬ不安要素があちらこちらに隠れていた――。

――ほぼ固定したメンバーで戦っているザックジャパンは、交代する選手の顔触れも決まっているような気がします。しかもその交代は、ほとんど終了間際。そうした状況がこのまま続いていいのか、心配しています。

渡辺 ザッケローニ監督の選手交代には、確かに疑問を感じることが多い。リードしている展開では早めに選手を代えるけれども、苦戦しているときはまったく動かない。自分なりに意図する部分はあるのかもしれないが、選手交代ではすべてが後手、後手に回っている印象が強いね。

杉山 流れの中で、状況が悪いものを良くする交代ができないよね。

浅田 例えば、先日のアウェーのオマーン戦(11月14日/2-1で勝利)で言えば、単純に本田(圭佑)を代えれば良かったのではないかと思う。

渡辺 あれは、前半で本田を変えなきゃいけない。本来、自らボールをキープして突破口を切り開いていける選手だけれども、オマーン戦では明らかにコンディションが悪く、動きが鈍かった。それは、本人もわかっていたと思うし、交代させられても納得したと思うけどね。

杉山 本田は試合の2日前にチームに合流して、それも氷点下を記録しているようなロシアから来た。それでいきなり気温30度を超える場所でプレイするなんて、暑くてたまったものじゃないよ。頭の中が整理できていなかっただろうし、見るからに体の動きがおかしかった。

――にもかかわらず、本田選手は交代することなく、フル出場。ザッケローニ監督は、本田選手の不振を見極められなかったのでしょうか。