山本由伸・山崎福也の穴を埋めるのは誰か 星野伸之が考える来季のオリックス先発陣

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo

星野伸之が語る来季のオリックス

投手編

 他チームを圧倒する投手力を擁してリーグ3連覇を果たしたオリックス。しかし、今オフは大黒柱だった山本由伸がポスティング制度でメジャー移籍を目指しているほか、11勝を挙げた山崎福也がFAで日本ハムに移籍。新たな先発ピッチャーの台頭が期待される。

 長らくオリックスのエースとして活躍し、引退後はオリックスの投手コーチも務めた星野伸之氏に、期待の若手や新戦力のピッチャーなど、来シーズンの先発候補について聞いた。

トレードで日本ハムからオリックスに移籍した吉田輝星 photo by Sankei Visualトレードで日本ハムからオリックスに移籍した吉田輝星 photo by Sankei Visualこの記事に関連する写真を見る

【山本由伸が絶賛する齋藤響介はどんな投手?】

――今年のオリックスは山下舜平大投手や東晃平投手らが台頭し、リーグ優勝に大きく貢献しましたが、他に星野さんが注目している若手ピッチャーはいますか?

星野伸之(以下:星野) 高卒ルーキーで9月に一軍初登板・初先発を果たした齋藤響介(2022年ドラフト3位/盛岡中央高)に注目しています。特に高めの真っ直ぐに伸びがあって、ホップしているような印象がありますね。それと、真っ直ぐとスライダーの腕の振りが同じなので、バッターは惑わされるんじゃないかなと。由伸も「総合力のあるピッチャー」と絶賛していたようですが、それも頷けます。

―― 一軍初登板となった9月26日の西武戦では、4回2安打無失点。栗山巧選手から真っ直ぐで空振り三振を奪うなど、西武打線は齋藤投手の真っ直ぐに手を焼いているように見えました。

星野 そうでしたね。しっかりとストライクゾーンに投げ込めていましたし、コントロールもよかったです。中嶋聡監督はフォアボールを出すことを非常に嫌いますが、そこはクリアできているなと。ストライクを取ることを苦にしない感じでした。

 起用法が先発なのかリリーフなのか、という問題もあると思いますが、おそらく先発タイプでしょう。初登板では4回でマウンドを降りましたが、5回、6回、7回とイニングが進んでも球威が落ちないか。試合後半の大事な場面で、力を振り絞ってギアを上げられるかといったところも、先発の適正を考える上で重要な部分でしょうね。

1 / 4

プロフィール

  • 浜田哲男

    浜田哲男 (はまだ・てつお)

    千葉県出身。専修大学を卒業後、広告業界でのマーケティングプランナー・ライター業を経て独立。『ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)』の取材をはじめ、複数のスポーツ・エンタメ系メディアで企画・編集・執筆に携わる。『Sportiva(スポルティーバ)』で「野球人生を変えた名将の言動」を連載中。『カレーの世界史』(SBビジュアル新書)など幅広いジャンルでの編集協力も多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る