中日・山浅龍之介に漂う「名捕手」の匂い。高卒ルーキーが一軍キャンプに抜擢された理由

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Sankei Visual

 腰を下ろしてから相手ベンチを見る捕手は結構いるが、山浅は相手ベンチに視線を注ぎながら腰を下ろしている。市立和歌山高時代の松川虎生(ロッテ)も常に相手ベンチに目を光らせ、敵将からすごく嫌がられていたのを思い出した。

【相手の作戦から足を奪う強肩】

 また山浅に関して言えば、忘れられないシーンがある。二塁走者を刺しにいく牽制だ。

 いっさいの無駄を削ぎとったような一瞬のアクションから、真一文字の二塁送球でランナーを刺しにいくプレーそのものが、すでにプロ仕様だったが、そんな場面を見ながら「もしかしたら......」と勝手な推理を巡らせたことがあった。

 変化球のサインをわざと二塁走者にわかるように見せる。ストレートより緩めのボールになるか、ショートバウンドの可能性がある分、走者のリードが大きくなったところを「待ってました!」と、矢のような送球で仕留めにいく。そんな"ワナ"でも仕掛けているように見えるほど、山浅のピックオフプレーは鮮やかだった。

 走られて刺すタイプじゃない。あらかじめ"肩"を見せておいて、相手の作戦から"足"を消去してしまう、本物の"強肩"の持ち主だ。

 プロではまだそんな場面を披露したわけではないが、ロングのキャッチボールの正確さや、ブルペンでのキャッチングだけでも"一軍キャンプ抜擢"につながる理由はあったはずだ。

 マウンドから見て、いかにも投げやすそうな構え。ショートバウンドの止め方、捕球から返球のリズム......数え上げればキリがないほど、山浅にはピッチャーが心地よく投球できる要素が詰まっている。

 まだキャンプは始まったばかりだが、大きなケガやアクシデントがない限り、山浅は一軍キャンプをまっとうできるのではないかと思っている。

 それは中日の捕手登録がわずか7名というやむを得ない理由によるものではない。あくまで、実力によるものだ。

2 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る