「こんなにスライダーが曲がるのか」内川聖一が22年間のNPB時代に対戦して驚いた、ふたりの日本人メジャーリーガー

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by Kyodo News

── ダルビッシュ選手に関しては、いかがですか。

「彼の場合は変化球も多彩だし、基本的にどの球も勝負球になるし、どの球でもカウント球になる。すべてのボールがすばらしいピッチャーだったので、僕がパ・リーグに移籍して1年目の時は本当に驚きましたね。こんなにスライダーが曲がるのかって」

── 対戦成績はどうだったんですか?

「ほとんど打ってないんじゃないですかね。もう、打席に入る前から負けていた気がします。

 僕はあまり球種を絞ったり、狙いを決めるタイプじゃなくて、真っすぐをどっちの方向に打つかを決めて、そこからの球速差でどう対応するかというタイプだったんですけど、今考えると、もっと狙いを決めて打席に入るべきでしたね。あれだけ球種があるので、全部追いかけるのは厳しかったです」

── いいピッチャーと対戦する時は、内川さんのような実績がある選手でも、嫌なものなんですか。

「もう、嫌でしたよ(笑)。若い頃に先輩からは『4打数4安打、毎日自分がお立ち台に立つという気持ちで試合に入れ』と言われていたんですけど、彼らとやる時は、3打数1安打、1フォアボールだったらもうけもんだな、という感じでしたから。

 4打数ゼロ安打だけにはしたくはない......という。だからその時点で、気持ち的に負けていたんですよね」

── 特別な感情を抱いていた内海選手も、同じタイミングで引退されましたね。

「近年は二軍での対戦も何度かありました。ベルーナドームで対戦した時は、しょうもない当たりのセンター前ポテンヒットでしたけど、すごくうれしかったですよ(笑)。

 先に辞めるというのを聞いて、『お前、早いよ』って話をしたんですけど、テツからは『お前は長くやれよ』と声をかけられたんですよね。その時は僕も続けるつもりだったので、まさか同じ年に辞めることになるとは思わなかったです」

── 嶋基宏選手や坂口智隆選手も含め、同年代の選手が引退することについてはどのように感じていますか。

2 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る