2022.05.17

「なぜこの体でこんなボールを…」。ノーヒット・ノーランであらためて思い出した東浜巨、17歳のピッチング

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Kyodo News

 5月11日、西武戦(PayPayドーム)での東浜巨(ソフトバンク)のノーヒット・ノーランには、思わずため息が出た。

「いい顔になってきたなぁ......」

 テレビ観戦だったから、何度も東浜の顔が映し出された。顔の輪郭が丸みを帯びて、首もすっかり太くなって、あの頃よりふた回りほどふっくらしていた。

5月11日の西武戦でノーヒット・ノーランを達成した東浜巨5月11日の西武戦でノーヒット・ノーランを達成した東浜巨 この記事に関連する写真を見る  9回でも150キロをマークした速球は、16勝した2017年の頃の勢いと強さを取り戻したように見えたし、カットボールとシンカーが両サイドに放物線の球筋を描いて、打者の目線を最後まで翻弄し続けていた。

「あの頃は投げていなかったボールだな......」

 テレビ画面には「今年でプロ10年目」とテロップで流れていた。もう14年前になるのか......。2008年2月、私は「流しのブルペンキャッチャー」として、当時、沖縄尚学高校の2年生だった東浜の全力投球を受けていた。

見た目はタイの修行僧

 17歳の東浜は、すでにもう大人のようなピッチャーだった。

 初対面のジャージ、Tシャツ姿の東浜は痩せていた。胸はあばらが見えていて、細いというより、薄かった。くりくり坊主の小顔に、長身の骨体美。「これでオレンジ色の袈裟(けさ)を着せたら、まるでタイの修行僧のようだ......」と、そんなことを雑誌の記事に書いたことを覚えている。

 それでも骨格は大きく、前から見ると体の面積がすごく大きく見えた。この先、次のステージで筋肉量を増やしていった時の均整抜群の立派なマウンド姿が、その頃から簡単に想像できた。

 東浜のボールを受けるまでは、「パチーン!」とくるような軽めの球質を想像していたら、真逆の「ガツーン!」とくる重くて、強いボールだったから驚いた。

「なぜこの体で、こんなボールを投げられるのか......」

 まもなく高校3年に上がる直前の2月。沖縄ではプロ野球キャンプがたけなわだった。沖縄独特のムッとする熱気のなか、パラパラ降っていた雨が、20球ぐらい投げてもらったところで、あっという間にドシャ降りになった。南国特有の"スコール"だ。