2022.03.29

「今のままでは高校止まりで終わってしまう」。侍ジャパンU-15の有望選手が甲子園で突きつけられた現実

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 甲子園は夢のある場所であると同時に、残酷な場所でもある。

 そもそも全国に4000校近い野球部があるなか、甲子園に駒を進められること自体が奇跡のような確率なのだ。それでも甲子園を目指し、全国制覇に一歩でも近づくことを狙い、なかにはプロ野球の世界を目指す者もいる。

 ただし、甲子園という大舞台で自信とプライドが粉々に砕け散る現実もある。今回はあるひとりの有望選手にスポットを当てたい。

センバツ初戦の広陵戦で打ち込まれた敦賀気比のエース・上加世田頼希センバツ初戦の広陵戦で打ち込まれた敦賀気比のエース・上加世田頼希 この記事に関連する写真を見る

センバツでまさかの惨敗

「こんな結果のあとで酷な質問かもしれませんが、夢であるプロの世界へ行くための道筋は描けていますか?」

 試合後の会見でそう聞くと、敦賀気比の上加世田頼希(うえかせだ・らいき)は意気消沈した様子でこう絞り出した。

「全然、この先で通用する選手とは思っていないので、今のままでは高校止まりで終わってしまう力のない選手なのかなと思います」

 エース・4番打者・キャプテンと重責を背負った3度目の甲子園だった。

 大阪の強豪軟式グラブ・門真ビックドリームスに在籍した中学時代には侍ジャパンU−15代表に選ばれ、高校では下級生時から投打に活躍。3年春のセンバツ初戦の相手は、昨秋の明治神宮大会準優勝の広陵。満天下に自分の力を示す条件は揃っていた。

 試合前のブルペンでは「うまく体を使えているな」と、快調だった。だが、いざ本番のマウンドに立つとふだんの自分ではいられなくなった。

「上半身で力任せに投げてしまいました。『自分が抑えないといけない』という思いが、力みになったのかなと」

 結果は散々だった。投手としては7回1/3を投げて14安打を浴び、8失点。打者としては3打席しか回ってこず、最終打席に放ったライト前ヒットのみ。チームは0対9で大敗した。

「自分の力のなさ、甘さが出たのかなと思います。最後に決められる球がない、というのが現状なのかなと」

 敦賀気比の東哲平監督も「もうひとつ厳しいところへ投げきれなかった」と、投手としての上加世田を評している。広陵の強打者のインコースをえぐるはずが、少しずつ甘く入ってしまった。