2022.03.20

万波中正、佐藤輝明、清宮幸太郎、根尾昂、安田尚憲……名コーチが期待のスラッガー5人の長所・課題を診断

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Koike Yoshihiro

プロ野球2022開幕特集

 オープン戦で5本塁打を放つなど、覚醒の予感漂う日本ハム・万波中正。昨シーズン24本塁打を放ちながら、リーグワーストの173三振を喫した阪神・佐藤輝明。9キロの減量に成功して5年目のシーズンを迎える日本ハム・清宮幸太郎。今季より外野手登録となりレギュラー獲りを目指す中日・根尾昂。ロッテの中軸として期待がかかる安田尚憲......。気になる5人のバッティングについて、かつて鈴木誠也や岡本和真を育てた名コーチの内田順三氏に語ってもらった。

オープン戦で5本塁打と活躍中の日本ハム・万波中正オープン戦で5本塁打と活躍中の日本ハム・万波中正 この記事に関連する写真を見る

万波の覚醒はホンモノか?

---- BIG BOSS・新庄剛志監督の就任で話題の日本ハムですが、高卒4年目の万波中正がオープン戦で5本塁打と爆発しています。

「横浜高校からパワーヒッターとして入ってきて、身体能力はあるし楽しみな選手です。ただ、まだ自分のスイングをものにしていない印象です」

---- と、言いますと?

「自分から勢いをつけて振りにいっている分、なんでもかんでも打ちにいって、外角の変化球を振らされる場面が増える。バランスよくスイングできていないので再現性がまだ低く、一軍で安定して結果を残すには少し時間がかかるかもしれません」

---- オープン戦で結果が出ている要因はどこにあるのでしょうか?

「新庄監督が前向きな言葉で選手を乗せていると感じます。それと万波はスイングのバランスが粗いとはいえ、『強く振ろう』という意思があるのはいいことです」

---- 技術的に気になるポイントはありますか?

「スイング軌道はまだ少し外から出ているし、打ったあとに下半身がぐらつくのは上体に余計な力が入っている証拠です。力を入れなくても打球を飛ばせる、自分のなかでの最適なバランスをつかめたら化けるでしょう。強くインパクトを迎えにいきながら、打つべき球をセレクトできるようになる。村上宗隆(ヤクルト)だって、そうでしょう?」