2022.03.21

プロ14年目、日本ハム杉谷拳士の覚悟「今年は最後のチャンスだと思って…公約はヒーローインタビュー10回」

  • 市川光治(光スタジオ)●文 text by Ichikawa Mitsuharu(Hikaru Studio)
  • photo by Hosono Shinji

プロ野球2022開幕特集
日本ハム・杉谷拳士インタビュー

 新監督に新庄剛志を迎え、3年連続Bクラスからの脱出を図る北海道日本ハムファイターズ。そんなチームにとって欠かせない選手が、生え抜き野手として最年長となった杉谷拳士だ。これまでスイッチヒッター、どこでも守れるユーティリティーとして、チームの危機を救ってきたが、目指すのは不動のレギュラーである。プロ14年目、杉谷拳士に決意を聞いた。

プロ14年目を迎えた日本ハム・杉谷拳士プロ14年目を迎えた日本ハム・杉谷拳士 この記事に関連する写真を見る

去年は最悪のシーズンだった

── 杉谷選手、1年ぶりのSportivaインタビューです。昨年は『毎年、夏頃に調子が下降してしまうので、波がないようにしたい』と話されていました。

「......年間通して波すらなかったです(泣)。13年間やってきて、一番悪いシーズンでした。それこそオフにはクビになるんじゃないかと思ったこともありました。でも、こうしてまたファイターズのユニフォームを着て、野球をやらせてもらっているので、だったら楽しくやろうと思って、自主トレ、キャンプとやってきました」

── 不振の原因は見つかったのですか?

「ひと言で言うと、タイミングのとり方です。ピッチャーとの距離のとり方がダメでした。前まではもっとしっかり自分のタイミングをとれていたのですが......。よくないな、よくないなと思いながら時間だけが過ぎていくみたいな。とくに夏がきつかったですね。ファーム落ちして、いろいろ試したりもしたんです。右ピッチャーなのに、スイッチのボクが右打席に立ったり......。もう一軍で打てないんじゃないかと思ったりしたこともありました。何かやるごとに全部疑問に感じてたというか......心の底から野球を楽しめてなかったですね。メンタル最悪でした」

── 今年2月(4日)で31歳になりました。

「どうなんですかね......。でも疲れの抜け具合だったりは、ちょっと変わってきてるかなと思いますけど、年齢が増せば増すほど若い選手には負けたくないというギラギラ感は、どんどん磨かれていっています(笑)」