2022.03.20

DeNA森敬斗「なぜ結果が出ているかはわかっていなかった」。昨季30打席無安打を糧にレギュラー奪取へ

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by 産経新聞社

オープン戦で負傷し、現在、故障中の森敬斗。だが今年にかける思いは強いオープン戦で負傷し、現在、故障中の森敬斗。だが今年にかける思いは強い この記事に関連する写真を見る

30打席無安打の経験を活かす

「今年こそは、という思いですね」

 横浜DeNAベイスターズで3年目を迎える今シーズン、森敬斗はレギュラー奪取の意欲に満ちている。高校を卒業して入ったプロ1年目は、出場8試合、打率.250、打点、本塁打、盗塁はゼロだった。2年目の昨年は7月に一軍への昇格を果たし、打率.194、打点5、盗塁4、本塁打はゼロに終わった。1年目はともかく、2年目は試合に絡むようになったが、レギュラー奪取まではたどり着けなかった。

「僕は1年目から試合に出て活躍することを考えていましたが、結果が出なくて難しかった。2年目は1軍で試合に出ることが増えたんですけど、毎日試合に出て疲れがたまるというのを経験したことがなかったですし、ヒットが全然出なくて、自分の体をうまく動かせない時間が長く続きました。シーズンを通して結果を出すことの難しさを経験し、失敗をたくさんしましたが、それを今年にどう活かすか、ですね」

 森にとっては苦しい1、2年目になったわけだが、とりわけ昨年は30打席ノーヒットになるなど、なかなか出口が見えない時期が続いた。

「僕は、あの30打席ノーヒットがあってすごくよかったなと思っています。あの時、コーチとなぜ結果が出ないんだろうという話をした時、自分の悪いクセが出て、自分のタイミングで打席に入れなかったり、理由があって打てなかったことがわかりました。終盤、ようやく自分の体をイメージどおりにうまく動かすことできるようになってヒットが出たんですが、それはあの30打席があったからこそ生まれたと思っているのですごくいい経験になりました」

 苦しい時期を経験し、シーズンの成績も芳しくはなかったが、いい時期もあった。東京五輪後のタイガース戦では2番ショートでスタメン出場を果たし、プロ入り初の猛打賞を記録するなど、調子が非常によかった。森はこのままショートのレギュラーを奪取するだろうと、ベイスターズのファンを含め、多くの人はそう思っていたはずだ。

「あの時は、状態が非常によかったので、このまま自分を表現できればレギュラーをとれると思っていました。でも、実際はたまたまうまくいっていただけで、なぜ結果が出ているかはわかっていなかったんです。結果的にそれが30打席ノーヒットにつながっていくんですが、その時間をもっと大切にしていればよかったと後悔しましたね」

 大小の差はあれ、調子の波は誰にでもあるものだ。森は両極端の波を経験できたわけだが、ベイスターズの三浦大輔監督は森を最後までファーム(2軍)に落とさず、ラスト5試合はスタメンを任せ、2022年を見すえた起用をした。そこに首脳陣の期待の大きさがうかがえる。

「期待されるのはうれしいですが、僕は期待だけで1軍に残されるのではなく、どうにかチームに貢献したい気持ちが強かったです。バッティングがダメなら守備、守備がダメなら足で貢献したいと思っていたので、代走で出させてもらったのはよかったです。ただ、やはりもっとバッティングや守備で貢献したかったですね」