2022.03.17

奥川恭伸、宮城大弥に続くか。中学時代に全国大会決勝で完全試合を達成、日本ハム2年目左腕が掲げた公約とは?

  • 市川光治(光スタジオ)●文 text by Ichikawa Mitsuharu(Hikaru Studio)
  • photo by Hosono Shinji

プロ野球2022開幕特集
日本ハム・根本悠楓インタビュー

「BIG BOSS」こと新庄剛志監督の奇抜なパフォーマンスや独自のスタイルで注目を集めている北海道日本ハムファイターズ。ユニフォームも新調し、チーム再建に向けて新たなスタートをきったが、そんな「新生ファイターズ」のカギを握るひとりが、地元・北海道出身の根本悠楓だ。中学時代に全国大会決勝で完全試合を達成したこともある左腕は、どんな活躍を見せてくれるのか。開幕を前に意気込みを語ってもらった。

プロ2年目の日本ハム・根本悠楓プロ2年目の日本ハム・根本悠楓 この記事に関連する写真を見る

全国大会決勝で快挙達成

── 北海道白老郡白老町出身。観光大使になったつもりで町の紹介をしてください。

「すごく栄えているというわけではないですけど、森林が多くて、海や川、山などさまざまな自然に溢れています。海産物も美味しくて、今でも帰るとホッとします。自分、都会とか人混みとか苦手なので、田舎好きな人にとっては最高ですよ(笑)」

── どんな子どもだったんですか?

「とくに野球の漫画やアニメには興味がなくて、子どもの頃は『ドラゴンボール』にハマっていました。あとは同じ北海道ということもあって、日本ハムファイターズの大谷翔平選手(現・エンゼルス)が大好きでした。投げてもエグかったですが、自分はとくに大谷選手のバッティングが好きでしたね」

── 野球はいつから始めたんですか?

「正式には小学校1年生ですが、親に聞いたら2歳くらいから壁当てをしていたらしいです。従兄弟が野球をやっていたので、自分もやりたいなあって。子どもの頃からボールを使うスポーツは得意でした。バスケとかサッカーとか、わりと何でもできちゃう感じでしたね」

── 白翔中学時代の2017年に全国中学軟式野球大会で日本一に。しかも決勝戦で完全試合を達成しました。

「完全試合自体は、その時はあんまり。それよりも日本一になったことのほうがうれしかったですね。あとになって『オレ、完全試合やったんだ』ってジワジワきました(笑)」