2022.02.16

ヤクルト高津臣吾監督が真中満に打ち明ける「絶対大丈夫」の裏側。日本シリーズでは「2カ所だけ迷ったところはあった」

  • 長谷川晶一●構成 text by Hasegawa Shoichi
  • 村上庄吾●写真 photo by Murakami Shogo

高津臣吾×真中満 対談
第3回「『絶対大丈夫』の裏側」

昨年、ヤクルトスワローズを日本一に導いた高津臣吾監督と、元ヤクルト監督でプロ野球解説者の真中満氏が対談。高津氏は1991年入団、真中氏は1993年入団でヤクルト現役時代には年齢の近い先輩・後輩関係で、2017年に真中氏が監督の時には高津氏が二軍監督というお互いをよく知る仲だ。「高津ヤクルト」が前年最下位から結果を出せた要因は何だったのか。連覇をかける2022年シーズンに向けての課題や抱負は。息の合ったふたりの対談を全4回にわたってお届けする。(第1回から読む>>)

2021年、20年ぶり6度目の日本一に輝き、胴上げされるヤクルト高津臣吾監督 photo by Kyodo News2021年、20年ぶり6度目の日本一に輝き、胴上げされるヤクルト高津臣吾監督 photo by Kyodo News この記事に関連する写真を見る

【「勝負の6連戦」に備えた万全の投手整備】

真中満(以下、真中) 昨年のペナントレース終盤、神宮球場で勝負の6連戦がありました。10月5〜7日の対読売ジャイアンツ戦、そして8〜10日の対阪神タイガース戦。僕としては、3勝3敗、5割で乗りきれば御の字。でも、1勝5敗とか全敗することになれば形勢が変わってしまうなと考えていたんですけど、高津監督はどう見ていましたか?

高津臣吾(以下、高津) 間違いなく、勝負の1週間でしたよね。まず、ジャイアンツ戦の先発3人、小川泰弘、サイスニード、原樹理をそれぞれ中5日にしました。で、その前の週はリリーフ陣に無茶させないように気をつけていました。10月2日、3日の広島東洋カープ戦ではスアレスをクローザーにしたし、田口(麗斗)をセットアップに使って、清水(昇)を休ませました。

真中 前の週から、勝負の6連戦に向けて備えていたんですね。

高津 本当にここが勝負だと思っていたので、ここにピッチャーの状態をマックスに持っていくようにしましたね。前の週ではリリーフ陣を休ませたけど、この6連戦ではマクガフ、清水を4連投させてフルで戦いました。その前には10連戦もあったので、いろいろやりくりは考えましたね。

真中 結果的にこの6連戦を5勝1敗で、終盤に向けてさらに勢いづくことになりましたからね。

高津 まさに昨シーズンを象徴した6連戦だったと思いますね。先発ピッチャーがしっかりゲームを作って、1点、2点をきちんと守って何とかゲームを拾っていった。この6連戦で阪神に負けた1敗も(1対2の)ロースコアゲームでしたから。負けるにしても接戦ができるようになってきたということは、目に見えない流れや勢いも生まれていたんでしょうね。

真中 僕はこの6連戦の頃から、優勝できるぞって思っていましたね。

高津 絶対ウソだ(笑)。本当に思いました?