2022.02.03

200勝目前の石川雅規に八重樫幸雄がエール。ヤクルトなら「バッターは若松、ピッチャーは石川という時代が訪れてほしい」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

「オープン球話」連載第100回

(第99回:現役20年。石川雅規の体の強さと活躍の要因>>)

【「八重樫コーチ」が考える「石川対策」は?】

――さて、今回も「小さな大投手」石川雅規さんについて伺います。前回の最後では、研究熱心で体が丈夫であることなど、石川さんのすごさを伺いましたが、打撃コーチ目線で見た場合の「石川対策」はどのようなものがありますか?

八重樫 右バッターには「真ん中からアウトコースの甘いボールを狙え」と指示するでしょうね。右打者の場合は、外に逃げていくシンカー、内に入ってくるカーブに手を出すと苦しくなります。このボールを見極めることができて、追い込まれてからもファールで粘ることができれば、突破口は生まれると思います。

昨年は球団最年長となる「41歳10カ月」で日本シリーズを勝利昨年は球団最年長となる「41歳10カ月」で日本シリーズを勝利 この記事に関連する写真を見る ――では、左バッターの場合は?

八重樫 入団当時からシンカーはいいものを持っていたけど、左バッターのインコースに食い込んでくるシュートはまだ投げていなかったんじゃないかな? だから当時ならば「インサイドを狙え」とアドバイスしたと思いますね。

――2021年の日本シリーズ第4戦、6回表二死一塁の場面で打席に入った左バッターの吉田正尚選手をセカンドフライに打ち取ったのは、内角に鋭く切れ込むシュートでした。でも、入団当初はまだ投げていなかったんですね。

八重樫 確か、そうだったと思いますよ。左バッターのインコースに食い込むシュートが加わると、外に逃げていくスライダーやカーブ、ひざ元に落ちるシンカーが一気に生きてきます。あの日本シリーズでの一球は本当にいいボールでした。

――プライベートではどんな性格の方なんですか?

八重樫 世代も違うし、投手と野手の違いもあるからプライベートのことはよくわからないけど、いつもドラフト同期の志田(宗大)と一緒にいた印象があります。人づきあいがよくて積極的な石川と、そのうしろでサポートする"女房役"みたいな志田。そんな記憶がありますね。志田が一軍にいる時は、いつも一緒に行動していました。

――青山学院大学の同級生で、2001年ドラフト8巡目で入団した志田宗大さんですね。大学時代にはキャプテンとして活躍。後に侍ジャパンのスコアラーも務め、現在は読売ジャイアンツのスコアラーとして活躍されています。

八重樫 志田は自分のことを「僕は石川の付録ですから」って言っていたけど、僕としては「見込みがある選手だな」と思っていました。仙台育英高校の監督からも、「あれだけ手がかからない選手はいなかった」と聞きましたよ。