2021.12.14

高木豊が語る「ビッグボス」新庄剛志。「あ~、やられた」と心を奪われる行動とは?

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • photo by Sankei Visual

 一挙手一投足が注目を集める、日本ハムの"ビッグボス"こと新庄剛志監督。日本ハムのみならず、日本のプロ野球界に新しい風を吹き込む存在として期待は高まるばかりだ。

 かつて大洋(現DeNA)で活躍し、現役最終年は日本ハムに在籍。現在は野球解説者やYouTubeでも活動する高木豊に、新庄監督への期待を語ってもらった。

何かと派手さが目立つ「ビッグボス」だが、高木豊は別の行動に注目する何かと派手さが目立つ「ビッグボス」だが、高木豊は別の行動に注目する この記事に関連する写真を見る 【ビッグボスの現役時代の印象】

――最初に新庄監督の就任を知った時の率直な感想は?

高木豊(以下:高木) 最初に聞いた時は、「球団の狙いはどこにあるんだろう」と思いました。ただ、就任の会見などを見ていると、人気も成績も低迷している近年の状況を踏まえ、チームの雰囲気をガラッと変えたいという思いがあったのかなと。栗山(英樹)監督が10年という長い期間にわたって指揮を執ってきましたが、新しい球場(エスコンフィールドHOKKAIDO)ができる前に、チームカラーを変えたかったのではないでしょうか。

 10年間も同じ体制が続くと、新陳代謝は起きにくくなります。それでもうまくいっていればいいのですが、成績が尻つぼみになってきてファン離れもあったはず。もう一度活性化するには相当に奇抜な発想が必要ですし、そこに新庄をもってきたのでしょう。野球に対してしっかりとした考えた方を持っているし、厳しさもある。それらを総合的に踏まえて判断したんだと思います。

――高木さんは現役時代、阪神に在籍していた新庄さんとグラウンドで相まみえる機会がありました。当時はどんな印象を持っていましたか?

高木 一軍の試合に出始めた頃だったので、自分の地位を確立するためにもがいていましたし、一生懸命さが目立っていました。凡打でも一塁に全力疾走する姿を見ていますし、「外野の守備が上手いな」という印象でした。新庄が日本ハムでプレーしていた頃は解説者としてよく北海道に行っていましたが、会えば挨拶をしてくれますし、破天荒さもありますが、人間性はしっかりしています。

 奇想天外なパフォーマンスを披露するようになったのは、メジャーリーグを経験して日本に帰ってきてからですよね。それまでの野球界の常識にとらわれることなく、画期的なエンターテインメントを仕掛けていました。