2021.07.07

山田哲人&村上宗隆、「語り継がれるような」3・4番コンビへ。「オレらが打たなあかん」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Sankei Visual

 ヤクルトの山田哲人と村上宗隆が実力どおりの結果を出している。7月6日現在、ふたりの成績は以下のとおり。

山田 打率.271/22本塁打(リーグ3位)/54打点(同3位)/OPS.904(同5位)
村上 打率.262/24本塁打(リーグ1位)/56打点(同2位)/OPS.961(同2位)
※OPSとは打者を評価する指標のひとつで、出塁率と長打率を足したもの。数値が高い選手ほどチームの得点に貢献していることになる

 打率こそ高くはないが、12球団唯一の"不動の3・4番コンビ"は圧倒的な打撃力を見せつけ、相手の脅威となっている。ともにオールスターにファン投票で選出され、東京五輪では侍ジャパンのメンバーとして金メダルをかけた戦いに挑むことになる。

好調ヤクルトを牽引する山田哲人(写真左)と村上宗隆好調ヤクルトを牽引する山田哲人(写真左)と村上宗隆  高津臣吾監督の生え抜きドラフト1位コンビへの期待は高く、信頼も厚い。

「哲人はもう中堅となり名実ともにチームのリーダーです。若いムネ(村上)がこれからどう成長していくのかはわからないところですが、いつの日か『あの時のスワローズの3・4番はすごかった』と語り継がれるような、そんなコンビになることを期待しています」

 今年2月の春季キャンプからふたりを見ていて気がついたのは、じつに仲がいいということだった。キャッチボールでコンビを組み、身振り手振りを交えてバッティング談義をすることもしばしば見られた。

 シーズンが始まれば、並んで室内練習場へ向かい、アップ中も頻繁に会話している姿を見かける。ときにはお互いの胸板の厚さを触って確かめあうなど、年齢差(山田が8歳上)をまったく感じない。

 高津監督に山田と村上の関係について聞くと、「あのふたりは仲がいいですね」と笑って、こう続けた。

「ムネは友だちみたいな感じで接しているのですが、哲人がきちんと一線を引きながら面倒を見ているというのかな......そういうところは(監督として)うれしいですよね。仲がいいことがチームに必要かは別として、お互いに刺激しあっている部分はあると感じています」