2021.03.26

「開幕はエース」の時代の終わり。変わりゆく野球と近年のローテーション事情

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Koike Yoshihiro

『特集:We Love Baseball 2021』

 いよいよプロ野球が開幕する。8年ぶりに日本球界復帰を果たした田中将大を筆頭に、捲土重来を期すベテラン、躍動するルーキーなど、見どころが満載。スポルティーバでは2021年シーズンがより楽しくなる記事を随時配信。野球の面白さをあますところなくお伝えする。

※  ※  ※  ※  ※

 2021年のプロ野球ペナントレースが開幕する。今年、開幕投手を託された12人の顔ぶれは以下のとおりだ。

巨人/菅野智之(4年連続7度目)
阪神/藤浪晋太郎(初)
中日/福谷浩司(初)
DeNA/濵口遥大(初)
広島/大瀬良大地(3年連続3度目)
ヤクルト/小川泰弘(2年ぶり5度目)

ソフトバンク/石川柊太(初)
ロッテ/二木康太(初)
西武/高橋光成(初)
楽天/涌井秀章(3年ぶり10回目)
日本ハム/上沢直之(2年ぶり2度目)
オリックス/山本由伸(初)

 阪神の藤浪は昨年わずか1勝からの大抜擢で話題になったが、12人の顔ぶれを眺めていると、あらためて開幕投手に対する考え方、野球そのものの変化を感じずにはいられない。

初の開幕投手に指名された阪神・藤浪晋太郎「オレたちが現役の頃は、各チームに開幕投手といえば『この人!』っていうピッチャーがいました。オレがプロに入ったのは77年だけど、あの頃の阪急(現・オリックス)なんて開幕は山田(久志)さんって決まっていた。いくらオープン戦で調子が悪くても、『今年の開幕は誰になる?』なんて話題にもならなかった。エースっていうのがはっきりしていた時代だったよね」

 そう語るのは、自身も阪急、オリックスで2度開幕投手を務めた佐藤義則だ。

 話に出た山田は通算284勝を挙げた大エースだが、70年代から80年代のパ・リーグには、そのほかにも近鉄の鈴木啓示、ロッテの村田兆治、太平洋(のちにクラウン、西武)の東尾修......と、いずれも通算200勝以上を挙げた絶対的エースがズラリと並び、もちろん開幕投手の常連だった。

 開幕投手について佐藤は「1年間、チームの柱として投げる投手に任させるのが本筋」としたうえで、近年の開幕投手の傾向について次のように語る。

「菅野くらいの力があれば相手に関係なく開幕を任せるでしょうけど、どのチームもそこまで抜けたピッチャーがいません。そうなると、対戦相手との相性で決めるチームも徐々に増えてきている印象だね」