2021.03.26

桑田真澄が名を挙げた「巨人の星」は誰か。「一流ピッチャーの条件」も語った

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Koike Yoshihiro

『特集:We Love Baseball 2021』

 いよいよプロ野球が開幕する。8年ぶりに日本球界復帰を果たした田中将大を筆頭に、捲土重来を期すベテラン、躍動するルーキーなど、見どころが満載。スポルティーバでは2021年シーズンがより楽しくなる記事を随時配信。野球の面白さをあますところなくお伝えする。

※  ※  ※  ※  ※

 今年1月、巨人の投手チーフコーチ補佐として15年ぶりにユニフォームに袖を通した桑田真澄氏。キャンプでは精力的に動き、選手たちを指導していた。昨年、巨人はリーグ連覇を果たしたものの、日本シリーズではソフトバンクに2年続けて4タテを食らうなど、圧倒的な力差を見せつけられた。復権を目指すチームにあって、桑田氏はどのような投手陣をつくり上げようとしているのだろうか。

今年1月に巨人の投手チーフコーチ補佐に就任した桑田真澄氏今年1月に巨人の投手チーフコーチ補佐に就任した桑田真澄氏 ── 15年ぶりのジャイアンツ復帰です。投手チーフコーチ補佐として選手をご覧になって、何を感じましたか。

「今の選手はよく練習するなとビックリしています。僕らの時代はあれやれ、これやれと強制的にやらされていましたが、最近はいろんなところから情報を集められるので、自分なりに考えて練習に取り組めるんでしょうね」

── ジャイアンツへ戻ってみて、チームに何かしらの変化を感じましたか。

「ジャイアンツだけでなく、野球そのものが進化していますよね。だから戦術も道具も。指導者も指導法も、すべて進化させていかなきゃいけない。僕たちの時代に比べたら環境もよくなっていますし、今の選手たちは35年前に僕が考えていたことをすべて持っていると思いますよ。今日は投げる、投げないとか、これは何のためのランニングなのかとか、35年前はそんな質問をしたら、『何をゴチャゴチャ言ってるんだ、コイツは』『屁理屈いう前に走れ』って感じですよ。でも今はみんな、その理由をちゃんと言えるんです。35年前の高卒ルーキーだった僕がもし今の時代にいたら、きっとみんなと同じになって、逆に目立たなくなっちゃうでしょう(苦笑)」

── 課題を挙げるとしたら?

「ピッチャーの技術力はマウンドから投げてナンボだと思うんです。だから僕は宮本(和知)投手チーフコーチと相談して、先発を目指すピッチャーはキャンプで1000球は投げて下さいと伝えました。それもただ投げるのではなく、1球1球、目的を考えて......そうでなければ意味がありませんから」