2021.03.16

巨人・戸郷翔征は桑田コーチの指導をどう思っているか。「先発完投135球」と「ライン出し」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ichikawa Mitsuharu(Hikaru Studio)

『特集:We Love Baseball 2021』

 3月26日、いよいよプロ野球が開幕する。8年ぶりに日本球界復帰を果たした田中将大を筆頭に、捲土重来を期すベテラン、躍動するルーキーなど、見どころが満載。スポルティーバでは2021年シーズンがより楽しくなる記事を随時配信。野球の面白さをあますところなくお伝えする。

※  ※  ※  ※  ※

 つい先ほどまでマウンドに立っていた男とは思えないほど、戸郷翔征は涼し気な表情でパソコン画面の前に現れた。

 この日、札幌ドームでの日本ハム戦に先発した戸郷は5イニング83球を投げ、無失点と好投を見せた。ピンチを迎えても、ランナーをホームに還すことはなかった。

「やりたかったこと全部が出せたわけではなかったですけど、そのなかではいいピッチングができたかなと」

昨シーズン9勝をマークした巨人・戸郷翔征 心身ともクールダウンを終えているのか、それともリモートインタビューゆえの距離感なのか。淡々とした口調からは、マウンドの余熱は感じられない。20歳とは思えない冷静な振る舞いが、戸郷の大物感を増幅させているように思えてならなかった。

 戸郷が「やりたかったこと」とは、今季課題にしている「ストレート」にあった。

「もっと真っすぐで押したかったですね。そういうイメージが自分のなかにあったので、もう少しだったかなと」

 すでに3月27日の開幕第2戦(対DeNA)での先発登板が内定している。選手層の厚いチームにあって、高卒3年目らしくアピールしたい意欲もあるに違いない。だが、戸郷の視線はチーム内以上に、プレーヤーとして登りたい高みへと向いている。

「毎年何かしらの進化を求めたいと考えているんですけど、そのなかでも今年は真っすぐかなと。スピードも速くしたいですし、ピンチでも押して、打ち取れるような真っすぐをイメージしています」

 今季から桑田真澄投手コーチが加入して、巨人の投手陣には新風が吹いている。桑田コーチが掲げる改革案のひとつが「先発完投135球」だった。