2021.03.16

「壊れちゃうんじゃないか」。日本ハム・
栗山英樹監督が何度も見た清宮幸太郎の涙

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Ichikawa Mitsuharu(Hikaru Studio)

『特集:We Love Baseball 2021』

 3月26日、いよいよプロ野球が開幕する。8年ぶりに日本球界復帰を果たした田中将大を筆頭に、捲土重来を期すベテラン、躍動するルーキーなど、見どころが満載。スポルティーバでは2021年シーズンがより楽しくなる記事を随時配信。野球の面白さをあますところなくお伝えする。

※  ※  ※  ※  ※

 今シーズン、日本ハムの監督として10年目のシーズンを迎えた栗山英樹監督。2016年には自身2度目のリーグ制覇を果たし、日本一も経験。だが、その後は優勝から遠ざかり、昨年もリーグ5位に終わった。はたして、今季はどのようにしてチームを立て直し、清宮幸太郎を筆頭とした次世代の主軸候補たちをどう育てていくのか。指揮官を直撃した。

日本ハムの指揮官として10年目を迎えた栗山英樹監督日本ハムの指揮官として10年目を迎えた栗山英樹監督 ── 監督として10年目のシーズンを迎えました。

「この何年か、苦しかったなぁ......。僕が悪いんですけど、でもこれだけ苦しんで、これだけいろいろなことを試させてもらって、それって本当に幸せなことだと思うんです。人間って苦しい時にしか成長しないって選手にはよく言うんですけど、じつは僕も同じで、成長しているかどうかはともかくこの数年、野球ってこうかもしれない、物事ってこうなのかもしれないと考えさせてもらう時間にはなりましたからね。この4年、ファンの人には申し訳ない結果になってしまったけど、だからこそ自分にとっての10年目は還元しなきゃ、恩返ししなきゃというシーズンなんです」

── 監督になって10年、ずっと一緒にプレーしている選手は10歳、トシを取っています。中田翔、西川遥輝、中島卓也、近藤健介ら、若い時からステップを踏ませて、ポジションを若いうちに掴んだ彼らは今もチームのど真ん中にいます。監督にはそんな選手たちのことが大人に見えますか、それともまだ子どもに見えていますか。

「そうね......大人にも子どもにも見えてないかな。『もう、オレの手から離れた』という感じ。その次の世代をつくらなきゃ、ということです。次の世代の選手たちが僕の手を離れた選手たちを越えていってくれれば、すごく強いチームになるはずですからね。(西川)遥輝とかコンちゃん(近藤)とか、もちろん(中田)翔も僕にしてみれば『もう、オレじゃねえだろ』って選手でしょ。自分たちでベースをつくって、さらに突き抜けなきゃ。その段階になったら僕は何もできません。自立している彼らは、ここから先は自分で突き抜けないと......。そのために『キミたちがヤバいと危機感を持てるような下の世代の選手をつくるからな』ということを意識しています」