2021.01.29

高木勇人が語る人的補償。「いい度胸してんな」と栗山巧に言われた失態とは?

  • 森大樹●取材・文 text by Mori Daiki

人的補償の男たち(6) 第5回を読む>>
高木勇人(巨人→西武) 

「移籍を経験してよかったというか、『これが自分の道だったんだろうな』と思います」

 2020年はスポーツ界にとって試練の年だった。コロナ禍で行動が制限され、多くの選手がコンディション維持に苦しんだ。巨人などで活躍した投手の高木勇人も、その影響を大きく受けたひとりである。

2017年12月、人的補償で巨人から西武に移籍した高木 photo by Kyodo News2017年12月、人的補償で巨人から西武に移籍した高木 photo by Kyodo News  高木は2014年のドラフト3位で巨人に入団。ルーキーイヤーに9勝を挙げたが、わずか2年後の2017年オフにFA人的補償で西武に移籍した。2019年オフには戦力外通告を受け、昨季はメキシカンリーグに挑戦するも、新型コロナウイルスの影響でリーグが中止に。シーズン途中からはルートインBCリーグ・神奈川フューチャードリームスでプレーした。

 人的補償による移籍以降、選手として厳しいキャリアを送ってきた高木だが、日本における移籍制度をどう捉えているのだろうか。

 高木は2017年12月、巨人にFA移籍が決まった野上亮磨の人的補償として西武に移籍した。球団から突然の呼び出しがあったのは、聞かされていた契約更改の日程よりも3週間前。その時点で高木は「人的補償か、トレードだろう」と予想した。苦しむ自分の状況を理解していたからだ。

「徐々にプロ野球に慣れていって、怖さも知ったというか。思うようにボールが投げられない試合も負けられないですし、常にいろいろ考えてしまって自分のよさがなくなっていたんだと思います」

 プロは数字がすべてということも承知していたため、予想していたとおりに人的補償が告げられた時も「違うチームに行ったらどうなるんだろう」と冷静に受け入れた。西武からは先発ローテーション入りを期待されていると聞いたこともあり、それに応えられるようにと頭を切り替えた。