2021.01.28

元楽天監督・平石洋介がソフトバンク
コーチになって見た常勝の「土壌」

  • 田口元義●文 text by Taguchi Genki
  • photo by Sankei Visual

 日本一の瞬間、ソフトバンクの平石洋介打撃兼野手総合コーチに訪れた喜びの源。それは、チームの「笑顔」だった。

「一番はやっぱり、選手やスタッフ、球団に関わる全ての人の笑顔が見られたことですね」

 自然に「勝利」より「笑顔」と表現するあたり、じつに平石らしい。「僕の評価なんかどうでもいいんです。チームのため、選手のためにやるだけ」と普段からそう語る指導者としての信念が垣間見られる。

工藤公康監督(写真右)と話す平石洋介コーチ チームに笑顔が弾けた瞬間、平石は全身の力が抜け落ちたように安堵した。それだけ、プレッシャーとも戦っていたことになる。

 平石のソフトバンクへの入閣は異例だった。

 2019年に楽天で一軍監督を務め、チームを3位へと導いた。その指揮官が、この時点で3年連続日本一に輝いているパ・リーグのライバル球団から声をかけられ、移籍したニュースは、大きな話題を呼んだ。

 シーズン終了後に加わった秋季キャンプから、球団は「リーグ優勝」「日本一」への覚悟を全面に打ち出す。その志高き常勝軍団から期待され、請われた身からすれば、意識せずとも重圧が働くのも無理はない。

 平石が人知れず抱えていた感情を漏らす。

「そこにはいろんな決意があったわけですけど、やっぱり僕が来たことで順位が下がったり、楽天に負けるようなことがあれば『何言われるかわからん』という気持ちは、もちろんありました。開幕前もシーズン中も、そこまで意識するようなことはなかったですが、戦う上で個人的な感情は関係ないですから、悟られないように(笑)。ただ楽天だけじゃなしにね、優勝するためにはほかのチームにも勝っていかなければならないわけですから」

 ソフトバンクは楽天に15勝9敗と大きく勝ち越したが、平石は「それは、選手のおかげです」と言い切る。実際、楽天のみならず、最終的に2位に14ゲーム差と地力で勝り、3年ぶりのリーグ制覇を遂げた。とりわけ、球界を驚愕させたのは日本シリーズだ。セ・リーグを連覇した巨人に4連勝。4試合で26得点4失点とねじ伏せた。